人気が集まる海外展開の魅力について迫る!

人気が集まる海外展開の魅力について迫る!

レディ

多くの企業から海外展開が注目されているワケ

海外展開に多くの企業が注目しているのは成長する見込みがあるからです。コストを下げるための労働力や売上を伸ばす市場など、海外には大きな可能性まだ残ってるのです。国内で成長率が低くなった企業は、海外展開で新しい展望を見つけることができます。

オフィス

成功のためにはノウハウを身につけることが大事

海外展開で成功するためにはノウハウは必須です。現地に溶け込むためには、現地に合わせることも必要になります。言語や習慣など問題は多岐に渡りますが、ノウハウがあれば乗り越えられる壁です。成功するには現地のことを理解して、身につけたノウハウをしっかり利用することが重要になります。

メンズ

海外展開で失敗しないためのコツ

海外展開で失敗しないコツは日本流を貫かないことです。現地には現地の法律があり、文化があるのです。現地流の方法に合わせて海外展開していかないと失敗する可能性が高くなります。日本で成功している考え方や仕事の仕方は現地流にアレンジすることで、現地で通用するものになります。そのためには現地で信頼できる人を見つけることも大事です。その人が日本と現地の間を取り持ってくれるからです。

海外展開に最適!おすすめの国ランキング

婦人
no.1

世界第2位の人口を抱えるインド

インドに海外展開する企業は、売り上げの拡大と労働力の確保の両面を狙えます。人口は多いので、市場規模は小さくありません。またIT分野においてインドには優秀な人材が数多くいます。ソフト開発などの外注をインドに任せているという企業も少なくないのです。

no.2

ベトナムは人気急上昇中

ベトナムは真面目な国民性が日本企業には人気です。労働力が欲しい企業には海外展開先として有望視されています。ベトナムは日本企業が求める緻密さなどを十分に満たす仕事ぶりが評価されています。高度成長を維持している点も評価が高いです。

no.3

ASEAN最大の消費大国インドネシア

世界第4位の人口を誇るインドネシアはASEAN最大のマーケットになっています。急増するアッパーミドルによる消費マーケットが拡大しているので、市場拡大を狙う企業にはおすすめの国です。現地で生産して、現地で消費できるのが強みでしょう。

no.4

若い労働力が魅力のカンボジア

カンボジアは親日的な国民性がある国です。法人税が最大9年間免除や関税免除措置があるのもおすすめの理由です。またカンボジアの魅力は安い人件費にあります。30才以下の労働力が60%というのも魅力の一つです。

no.5

アジアのラストフロンティア、ミャンマー

アジアの中で企業があまり進出していなかったのがミャンマーです。そのため先行者利益を狙った企業が進出しています。積極的に外貨を受け入れているのも特徴の一つです。先行者は他社よりも有利な契約を結ぶこともできるので、まだまだ進出する利益はあるでしょう。