成功に繋がる会社売却の特徴を把握しておこう

会社売却で売れる会社の特徴とは?

会社売却で売れやすい会社は一般的には黒字傾向で売り上げ規模が一定水準以上の会社です。他には無借金であったり、販売先が多くあるなどの特徴がある会社は売れやすいです。また、優秀な社員を多く抱えているということも売れる特徴になります。

会社売却を行なうことで得られるメリットランキング

no.1

会社は存続する

会社売却で会社を手放すと株主が変わるだけで、会社自体は存続することができます。経営者は変わりますが、原則社員はそれまで通りに働くことができるのです。会社の行く末を心配するなら会社売却はいい選択肢です。

no.2

売却先と協業できる

売却先の会社は同じ企業グループになるので、協業することも可能です。販売網を利用して販売をすることもできますし、売却先の企業の商品を取り扱うことも可能かもしれません。ビジネスの幅が広がるというメリットがあります。

no.3

経営陣が刷新される

経営陣は株主が変わるとほとんどの場合変わります。新しい経営方針で会社が動き出すので、新しい風が吹く可能性があります、従業員は変わりませんが、リーダーが変われば方向性が変わるのでチャレンジできる体制になるでしょう。

成功に繋がる会社売却の特徴を把握しておこう

建物

会社売却を行なうタイミング

会社売却のタイミングは売上が好調な時の方がスムーズにいくことが多いです。後継者がいないなどの問題が出るタイミングでもいいのですが、先手を打って売却してしまうのもいい方法かもしれません。売却先から買いたいと思われているうちに売ると高い金額で売れるでしょう。

会社売却の相場について

会社売却の方法としては、年買法が一般的です。年買法は時価純資産額と営業権を足したものから計算されます。営業権は2年から5年間の会社の実質利益から算定されたものです。営業の実質利益が高くなればなるほど相場は上がるということです。

会社売却を成功させるためのポイント

会社売却は信頼できる売却先を見つけることが重要なポイントです。信頼できる相手であれば、契約をしっかり履行する可能性が高いからです。そのため売却先は時間をかけて選定する必要があります。